【作った石けん】マスティハ浸出油の石けん

 

大阪(北摂)茨木市 

手作り石けん教室 ぶぶさぼん 山崎優子です。 

 

少し前になりますが、樹脂系の素材を使って浸出油を作りました。

 

 

樹脂は、3つほど

ミルラ(和名:没薬)、フランキンセンス(和名:乳香)、

そして

マスティハです。

 

はじめてつかうマスティハ。

ギリシャヒオス島だけに自生するマスティハの木から採取される樹液、

別名キリストの涙と呼ばれているものです。

 

私が購入したのは、このような形状ですが、使いやすいパウダーや精油もあるようです。

 

 

現地の方はガムのように噛む習慣があるそうなので、試しに噛んでみました。

(自己責任で食しています(^_-)-☆)

樹脂といっても噛めばつぶれるくらいの硬さで、

気を付けないと詰め物が持っていかれる感じ(笑)

すーっとするどい香りが鼻に抜けました。

 

手元の資料によると

香り成分はα-ピネン(針葉樹の香り)を豊富に含んでいるそうです。

 

新しい素材を試すのってなんだかわくわくしますね。

 

試しに温浸法(オイルに浸して湯煎)で抽出してみたら

なんとマスティハが半分くらい油に溶けてしまいました。

しっかり油溶性成分が溶け込んだということ、

残ったものはしばらくしても溶けないのでオイルを濾して完了しました。

 

 

そうやって作った浸出油は冷暗所でしばらく静置しました。

 

今回はとくに初めての素材だということもあり、

冷めたり時間がたって沈殿物が出てくるか少し待つのが無難です。

 

そしてしばらく本気で忘れてしまい(笑)1か月後。

香りを確かめるととてもいい香り!

熟成したのか、爽やかで少し甘みのある香りでした。

 

 

早速メインオイルに配合し石けんをつくりました。

心配していた反応もなく

いつもの手順で穏やかに作れました。

 

デザインはキリストからステンドグラスを想像して

透明石けんを使ったデザインに。

 

早く解禁日になってほしいです。

 

 

 

***受付中の講座***

ジュニアソーパー養成講座(1/20締切、1/29スタート)

単発レッスン「福うめ酒かす石けん」2021_22冬 (1/15土)

季節の石けん「気仙沼大島椿」2022_1月 受付中

 

不定期にメルマガを配信しています。

よろしければご登録ください。→公式LINE @kkr6898o

お問い合わせフォームはこちら→★★★

*「サロンについて」をご確認ください。→★★★

 

【ホームページ】

ホームページ

 

 

【インスタグラム・Facebookページ・LINE@】

インスタグラム Facebookページ LINE@

 

【お問い合わせフォーム】

メールフォーム

 

 

 

茨木・高槻・吹田・豊中・摂津・箕面・北摂・枚方・交野・大東・大阪・尼崎・西宮・伊丹・京都・奈良

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。