【作った石けん】ラベンダー・ラベンダー

 

大阪(北摂)茨木市 

手作り石けん教室 ぶぶさぼん 山崎優子です。 

 

ラベンダーを使って石けんを作りました。

 

 

購入したフレッシュのラベンダーの香りがあまりにもよかったので

しばらく花瓶で楽しみ

(ラベンダーはBotanicalParadeハーブのある暮らしのものです)

 

ほどよく乾いたところで花穂(かすい)だけを集め

ハイオレックひまわり油につけて浸出油にしました。

残りはすり鉢ですりすり、パウダーにして入れます。

パウダーを入れるとダイレクトに香る気がします。

 

 

こちらはラベンダーの精油です。

 

「アロマテラピーの教科書」の著者としても有名な

和田文緒先生のラベンダー講座にて紹介されていた精油たち。

こちらの講座、とっても楽しくて

そのあとに販売されていたラベンダーキットを購入しました。

 

それぞれが”ラベンダー”と呼ばれるものです。

 

ラベンダーは

標高が高く条件が過酷になるほど良い香りになるので

標高別ラベンダ精油が販売されているほどですが

私はAOP( 南仏プロヴァンス地方が原産のラベンダー精油の認証制度)

ラベンダーの香りにきゅんとなりました。

このキットにはいわゆるアングスティフォリアの他

北海道産おかむらさきやスパイクラベンダーなどが含まれていて

嗅ぎ比べがとても楽しかったです。

 

明るい印象のものは入浴剤でダイレクトに

重めの印象のものは石けんに入れました。

 

***

 

ということで

ラベンダー浸出油

ラベンダーパウダー

ラベンダー精油を使って

超絶いい香りの石けんを作ります。

 

 

まずは色選び。

ラベンダーと言えば紫ですよね。

浸出油の画像が残っていなくて残念ですが

紫ではなくやさしい緑

石けんになると普通に白い生地になります。

 

ですので石けん用の色材で紫色の生地を作り

合わせる色は・・・

アプリコット(オレンジ)にしました。

 

紫とアプリコットのコンビは

フラワーアレンジメントで好きな組み合わせです。

 

そしてパウダーを混ぜたグレーと3色で

やさしいマーブルにしました。

 

 

ラップを外した瞬間

くらくらするほどのいい香り。

幸せです~♡

 

 

ちょっと心残りなのは

浸出油はトレースがでやすく

よくみると攪拌不足の傾向が生地に見られます。

でも時間とともに落ち着いてくるはずです♪

 

 

お問い合わせフォームはこちら→★★★

*「サロンについて」をご確認ください。→★★★

 

【ホームページ】

ホームページ

 

 

【インスタグラム・Facebookページ・LINE@】

インスタグラム Facebookページ LINE@

 

【お問い合わせフォーム】

メールフォーム

 

 

 

茨木・高槻・吹田・豊中・摂津・箕面・北摂・枚方・交野・大東・大阪・尼崎・西宮・伊丹・京都・奈良

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です